英語の向こうに何が見えますか

しっかり身につく英語学習の基本を考えてみましょう。


失敗しない英語学習

安易にお金にとより楽をして英語を身につけたい、必要な努力と時間をかけないで教材さえ手に入れればそれで英語が身についていくと思っている人はいませんか。

全ての学習は、基本的なことをコツコツ積み上げていくことで身につきます。

もちろん英語もそうです。

コツコツ積み上げていくのは嫌だ、努力するのが苦手で続かない。

心にそんなことが浮かんでくるのは、何のために英語を身につけたいのか、目標が無い、あるいは曖昧だからではないでしょうか。

ゴール!ゴール! / Shinichi Haramizu


あなたは、何のために英語を身につけたいと思っているのでしょうか。目標を持ち、計画を立てて学習を進めていけば、英語の学習は消してつらいものではありません。

「あなたが英語を身につけて何をしたいのか」そのためには「どの程度の英語力が必要なのか」「期間はどのくらい必要なのか」これをしっかり自覚できているかどうかで、英語が身に着くかどうかが決まってきます。

失敗しないための英語学習は、本や学習教材にあるのではなく、あなた自身の心の中に潜んでいるのです。


目標の無い学習は苦痛

英語の学習自体があなたの目的ではないはずです。目標・目的の無い学習は苦痛です。

あなたの学生時代の勉強を考えてみて下さい。大人になってから必要だから、テストのためにという学校の勉強を楽しいと思えましたか?

将来の目標がありそのためにと思って頑張った人は、学習の一つ一つが身に着く喜びを感じていたかもしれませんが、ほとんどの人はそんなことはなかったでしょう。

見えない目標に向かって勉強をすることは、退屈で苦痛。

今英語を身につけたいと考えているあなた、そして英語をもう一度やり直してみたいと感じているあなたには、そんな気持になってほしくありません。


目標・期限を決める

英語学習を失敗させないためにまずあなたがすることは、英語を身に受けて何をしたいのかという目標を決めることです。

目標はできるだけ具体的なほうが「英語を身につけよう」という意欲が湧きます。それを紙に書き、計画を立てましょう。

次に、その目標の期限を設けましょう。

Clock 時計, Time and Weather Forecast in a Shopping Arcade in Otaru Hokkaido JapanClock 時計, Time and Weather Forecast in a Shopping Arcade in Otaru Hokkaido Japan / Arjan Richter


期限の無い目標は、達成されることなく終わってしまうものです。

英語を身につけるのは時間がかかります。普通なら、最低1年間を考えたほうがいいと思います。

ええ!!1年間も

そう思いましたか。でも、そうなんです。

赤ちゃんが英語を身につけたように、同じ方法で英語が身に着くって教材の宣伝見たことがありませんか?じゃあ、赤ちゃんが言葉を話せるようになるのにどのくらいかかるかを考えてみて下さい。

でも、成長した私たちのほうが赤ちゃんよりも早く言葉を身につけることができるんですよ。赤ちゃんは、親がいっぱい話しかけてくれてそれを聞いて言葉を覚えていきます。それに対し私たちは、聞くだけでなく、文字を見て、聞いて最初から英語の音を真似することもできます。

赤ちゃんは、インプットだけで言葉を身につけなければならないのに、あなたはインプットとアウトプット、いろいろな方法で学べるんです。

赤ちゃんよりはるかに早く英語が身に着くはずです。


小さなステップを設ける

StepsSteps / kiwanja


次に、その1年間をいくつかに分けて、目標に達成するまでの小さなステップを作ります。

自分がどこまでやったか実感できないと、モチベーションが下がってしまいますね。1年間を3カ月ごとくらいに分けて、小さなステップを設けておくと、それを達成するごとにまたやる気が出てきます。

目標を立てるとき、他人の成功談などを参考にする人がいますが、それは参考程度にしてみて下さい。学習方法は人それぞれ、他人が成功した学習方法などが自分に当てはまるとは限りません。成功者と同じ計画を立てそれに縛られてしまうと、それが英語学習を挫折させる原因にもなりかねません。

とにかく大切なのは、目標を立て英語学習に楽しく取り組むことです。

英語が身に着くに従って、見えてくるものも変わってくるかもしれませんから、目標も少しずつ変えていってもかまいません。

楽しみながら英語学習を出来る環境を自分で作ることが、英語を身につけるために一番必要なことです。

ビジネス英語は⇒『スピードラーニング・ビジネス』







posted by 吉原教室 at 12:04 | TrackBack(0) | 成功する英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック