英語学習あなたはどのタイプ

「どうやって英語を勉強したら効果が出ますか?」

「どうしたら英語を使えるようになりますか?」

という質問を受けることがあります。

でも多くの人がこんな質問をしてくるということは、英語の学習方法で悩んでいる人が多いということなんですね。

LondonLondon / _dChris


英語を身につける基本は、覚えたものをどんどん使いながら上達していくことなので、聞いて読んで、声に出して、書いてみてという作業を自分に合った形で行っていけば英語ができるようになっていくはずです。

でもその方法って、人によって違っています。

自分に合った学習法は、実際に自分が試してみつけるもので、私に「あなたに合った学習法はこれです」という答えを見つけることはできません。

自分のことをよく知っているのは自分自身、だから自分で考えてみなくてはなりません。

でも、いくつかの質問を自分にしてみることで、自分に合った学習方法を見つけるヒントが浮かんできます。

それをもとに、自分の学習スタイルについて考えてみましょう。

学習スタイルは大きく分けて3つあります。

それは「見て学タイプ」「聞いて学ぶタイプ」「行動して学タイプ」です。

あなたの学習タイプはどれに当てはまるのでしょう。


● 見て学ぶタイプ

視覚型学習の人は、静かな場所での学習を好みます。授業の内容を理解するのに、少し時間がかかる特徴があります。書くことが好きで、色やファッションに興味を持ち、チャートや図表が合ったほうが物事を理解できます。

このタイプに人は、紙に書いて覚える学習が向いています。覚えたいフレーズを何回も紙に書いて目から覚えていきます。英会話の個人学習をしているなら、先生に内容を紙に書いてもらったり、メモをとったり、リストを作ったりして覚えるのが向いています。また、動画を見たり、単語カードを作ったりするのも効果があります。また、英語の英本やピクチャーディクショナリーなどを使った学習も効果があります。


● 聞いて学ぶタイプ

聴覚型の人は、声を出して読む学習が向いています。人前で話すことにあまり抵抗が無く、物事を説明するのが得意です。音楽が好きで、口頭での指示に対応するのが上手です。1人で学習するよりも、グループで勉強するのが好きな人です。

聴覚タイプの人は、当然聞くことを中心にした学習に向いています。英会話教室に通っているなら授業を録音したりして聞き直して学習するのもいいでしょう。動画を見るのもいいのですが、音声教材で学習するほうが向いています。動画ではどうしても画像のほうに意識が生きやすくなってしまうからです。音声を聞き、フレーズを声に出して繰り返し、自分の声も聞く練習などをしましょう。イングリッシュカフェに参加したり、英会話教室では個人レッスンよりもグループレッスンが向いています。


● 行動して学タイプ

スポーツが好きですが、長い時間集中していることができません。書くことが苦手です。音楽を聞きながら勉強したり、途中何度も休みながら勉強したりします。あまり落ち着きがなく、気分屋です。

このタイプに人は、勉強は短いブロックで区切り勉強することをお勧めします。また、イベントなどに参加して実際に使う場を通して英語が身についていきます。1人で勉強するのでなく、グループでロールプレイやシミュレーションを交えて学習をしたり、ゲームを使って学習したりすると楽しく学べます。


あなたは、どのタイプに近いでしょうか。

語学は単純でないので、1つのタイプに学習方法だけでは不十分です、他のタイプの学習方法も取り入れなければなりません。

視覚型だからと言ってみるだけでなく、聞くことも、口に出して使ってみることも必要になります。つまり、全てのタイプの学習が必要になるのですが、自分のタイプが分かっていれば、それを主な学習方法として使うことができます。

自分の対応を知ることで、自分に合った学習方法も見つけやすくなるでしょう。







posted by 吉原教室 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354614441
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック