忙しくても時間は作れる、でも無理はしない

1日は24時間しかありません。

これは、誰にでも平等に与えられている時間です。

この24時間を上手に使えば、より良い未来を手に入れる機会が増えるはずです。

仕事や家事、育児など、やらなくてはならないことはたくさんあります。

でも、どんなに忙しくても、時間を作り出すことは出来ます。

一番簡単な方法は隙間時間の活用です。

隙間時間をうまく使えば、仕事や勉強ばかりでなく、プライベート面でも大きな変化が生まれます。


● 無理をしない

隙間時間だけでなく時間を作りだすとき大切なことは、無理をしないことです。

睡眠時間や趣味の時間などを削って時間を生みだしても、それが続かなければ意味がありません。

例え1日に使える隙間時間が短かったとしても、それが1年、2年と続けば効果は必ず現れます。

無理のない範囲で出来ることをするほうが、結果として多くの時間を作りだしたことになるのです。

無理な計画は崩れるもの。

1度崩れるとどんどんやる気が無くなっていきます。


● 計画は立て直せばいい

計画を立てて学習を始めても、予定通りには進まないのが現実です。

予定の量をこなせなかったり、出来ない日が出てきたり。

仕事や家事、育児などをこなしながらの学習ですから、これは仕方のないことです。

必要以上に悲観する必要はありません。

予定通りに出来ないことを気にし過ぎると、学習を続けたく無くなります。

出来ない日があっても気にしないで、また学習していけばいいのです。

計画が大変だと感じたら、修正していきましょう。

自分の目標を確認し、今できることに集中して学習を進めましょう。

私が学習中の教材は>>『スピードラーニング・ビジネス』
どんな考えで作られた教材か⇒スピードラーニング・ビジネスのコンセプト



posted by 吉原教室 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック