お店で「小銭に両替できません」と言う場合

海外からの観光客が増えています。

お店などでは、両替を頼まれることも出てきます。

でも店でも、小銭がないと困るので「小銭に両替はできませんと」英語でいいたい場合どう言えばいいのでしょう。


できないだから「Can not」を使って、

We cannot change.

これでは、「私たちは変わりません」という意味になってしまうので、「かわいそうに」と思われてしまうだけです。

スポンサーリンク



じゃあ、お金を交換するんだから

We cannot change money.

なんかよさそうですが、まだまだ不十分。

これだと銀行や空港で、円をドルなどの外貨に両替するイメージです。

実は、「お金をくずす」「小銭に両替する」という表現は、

Make change です。

それから、で「きない」をすぐ「cannot」をイメージしないほうがいいです。

Canは、能力があるかどうかを表現するときに使う場合が多い単語です。

お店では、小銭があるのですから、大きな紙幣を小銭に交換することは可能です。

ということは「cannot」を使わないで「do not」使って、

We don’t make change.

「小銭への両替はしません」という英語の出来上がりです。

※参考『英語で読むからよくわかる チューディ先生のなるほど英語レッスン』

『スピードラーニング・ビジネス』



【ビジネス英語表現の最新記事】
posted by 吉原教室 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック