Frog and Toad 面白さのセンスがいい

英語の絵本を音読させて、高校生の英語の偏差値を41から59まで上げたことを前に書きました。そのとき使っていたのは、オックスフォード・リーディング・ツリーのステージ6〜9。

この絵本の音読は、簡単に読めて楽しいし、たくさんの英語に触れる機会にもなるので、オックスフォード・リーディング・ツリーの後もまだ続けています。

今使っているのは、「An I can read book」の中のFrog and Toadのシリーズ。

センスのあるわかりやすい面白さが好きです。

最初に音読させたには、5つの物語が載っています。

カエルとガマ君のほのぼのとした友情の物語。

英語ではガマガエルをToad 、それ以外のカエルをFrogと言います。日本だとガマガエルもカエルなのにと思ってしまいます。

最初の物語「List」では、朝起きたとき、その日にする予定を紙にメモします。

目を覚ます

朝食をとる

着替えをする

カエル君の家に行く

一緒に散歩する・・・



こんな具合に、

途中まで物事はリストに書いたように進むのですが、そのメモが風に飛ばされてしまうと・・・

カエル君は、飛ばされたリストを追いかけますが、何とガマ君メモを追いかけるのはリストに書いてないからできないというんです。

ガマ君とカエル君の会話のやり取り、行動がとてもユニークで面白いんです。

ほのぼのしていて楽しい、こういう物語を読んでいれば、きっとみんな英語を好きになりますよ。

勉強時間は必要ナシ!「英語ができる人」になるとっておきの方法




posted by 吉原教室 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初級者向けの英会話練習の本「パッと話せる!パッと返せる!英会話 音まねレッスン 対話編」

来週の10月15日(火)に、初心者向けの英会話練習の本が出ます。

本のタイトルは「パッと話せる!パッと返せる!英会話 音まねレッスン 対話編」
続きを読む
posted by 吉原教室 at 12:07 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学校3年間の英語を10時間でやり直す本

中学校3年間の英語をコンパクトにまとめて、紹介しています。
続きを読む
posted by 吉原教室 at 22:16 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語音読マラソン

日本の文化を、英語で紹介できるようになります。
続きを読む
posted by 吉原教室 at 23:08 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西森マリーのカード、英語で書きましょう!

カードの書き方だけでなく、文化の違いまで分かります。
続きを読む
posted by 吉原教室 at 12:20 | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする