学生時代は英語ができたのになぜ話せない

単語も知っているし、文法も一生懸命勉強したのに英語が口から出てこない。

学生のときには英語が得意で、英語を文字で見れば分かるのに発音を聞くと全く分からない、聞き取れない。

これらは英語を知っているけれど、使えない状態人達です。

英語という言葉を、音声とともに頭に入れる練習をしてこなかったのだと思います。


● 英語の習得には大量のインプットが必要

英語を身につけるためには、大量の理解できるインプットが必要です。

「理解できるインプットが、英語を上達させる基本。この条件は、リスニングでもリーディングでも共通で、言語習得に不可欠ものです。

では、大量のインプットさえすれば英語を習得できるのでしょうか。


● インプットだけで話せるようになるか

発音練習やスピーキングの練習をしないで、ひたすら英語を聞いて英語を話せるようになるのでしょうか。

リスニングのインプットの量が所定のレベルを超えると、飽和状態に達し英語が自然と口から出てくると言う人がいます。実は私も英語学習を始めた頃このように考えていました。

でも、今はちょっと違います。

英会話ができるようになるためには、アウトプットの練習が必ず必要です。

これは、聞いて理解できる英語が、そのまま自分が話す場面で使えるわけではないと言う実体験から分かったことです。読んで理解できる、聞いて理解できる英語をそのまま使いこなせるわけではありません。

もし大量のリスニングやリーディングによるインプットだけで英語が自然に口から出てきたとすれば、口には出さなくても、頭の中でインプットした英語を使って実際に話す場面を何度も思い浮かべて練習をしていたのではないでしょうか。

また、聞き取った英語を頭の中で、発話者になったつもりで繰り返していたのかもしれません。

言語は、インプットとアウトプットの両方の練習をして身についていく。

これが私の意見です。

ただ、インプットの量はアウトプットの量と比較して何倍も必要だと言うことは確かです。


スピードラーニング初回無料キャンペーンは、2016年1月1日(金)〜2016年1月31日(日)です。

対象教材

『スピードラーニング英語』
『スピードラーニング中国語』
『スピードラーニング韓国語』
『スピードラーニング フランス語』
『スピードラーニング・ジュニア』
通常9,400円(税別・送料無料) → 4,700円(税別・送料無料)
『スピードラーニング・ビジネス』
通常6,000円(税別・送料無料) → 3,000円(税別・送料無料)




posted by 吉原教室 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードルを下げると

英語を話したいと思っているのに、実際に海外の人と話すときには思うように話せないと感じて「ああ、自分は駄目だ」と自己嫌悪に陥る人がいます。

それって、本当に駄目なんでしょうか。

例えば、海外からやってきた人が日本語で「私は、トニーです。どうぞよろしく」と話しかけてきたら、例え発音が少し変であっても、あなたは「この人はすごい」と思いませんか。

それと同じで、あなたが海外に出かけ相手に「Hello,Nice to meet you.」と言えたら、それもすごいことではないのでしょうか。

そう思えないのは、日本語で話すのと同じくらい、さらに知的な内容を、思い道理に話したいという目標が高すぎるから。

高すぎる目標のために、それを達成できない自分が駄目に思えてしまうのではないでしょうか。最初からハードルを高くして、できないことばかりに目を向けるのは止めましょう。

短い文で、ほんの一言二言の会話でも楽しめるような気持が持てれば、やる気も出てきます。

自分ができたことに目を向けると、さらに前進することができます。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』



posted by 吉原教室 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忙しい・時間が無いからできないはウソ

● 忙しいことに価値があるか?

「忙しい、忙しい」と忙しいことを自慢する人がいます。

まるで「忙しい」ことがすごく価値があることのようです。

本当にそうでしょうか。

忙しい・時間が無いからできないはウソの続きを読む>>
posted by 吉原教室 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に英語が必要になったら

トップページ学習の悩み解決⇒急に英語が必要になったら

仕事で、急に英語を話さなくってはならなくなったら、基本だけを復習しながら実践で英語を身につけていきましょう。

カタカナ英語でも、単語だけでも、開き直れば少しは話せます。

使っている英語が、文法的に正しいかどうかは問題ではありません。

片言でも何でも、とにかく英語を使ってみましょう。

続きを読む
タグ:英語 英会話
posted by 吉原教室 at 11:19 | TrackBack(0) | 英語学習の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会話で、英語が聞き取れなかったときのマル秘対処法

この方法で大丈夫!!わーい(嬉しい顔)

英語で会話をすることに慣れていなければ、 突然話しかけられると頭が真っ白になりますよね?

事前に本を読んだり英会話の勉強したりしてきたのに、 言葉が出てこない…

そんなときはどうすればいいのか!?

アメリカでは、言われたことに対して反応しないと、すぐにその話は打ち切られてしまう、なんてこともしばしば。

それが続けば英語でコミュニケーションをとることが怖くなってしまいます。

友人は何度かそういう経験をして、ついに「相手の英語が聞き取れなくて、何て返していいか分からなくなったとき」の対処法を見つけました!

それは、「困ったような顔をして、首をかたむける」。

聞き取り.jpg

「えっ?」と思うかもしれませんが、それをやると相手が「この子、聞き取れなかったな」と察してくれて、もう一度言ってくれるそうです。

中には、言い回しをとってもカンタンにしてくれる人もいたそうです。

これなら話を打ち切られてしまうこともない!

とっさに言葉が出てこないときは、表情やしぐさだけでも自分の気持ちを 伝えることができるんだということが分かってからは、「英語が聞き取れなかったらどうしよう…」なんて不安もなくなってきたと言っていました。

さらに、困った顔をするだけでなく、 「I'm sorry」と一言添えれば、
より相手に 伝わりやすいということも発見。

そうやって聞き返して、イヤな顔をされたり、 立ち去られたことは一度もないそうです。

アメリカの人たちの優しさに涙、涙です。

ちなみに、相手の英語が聞き取れなかったときは

「I'm sorry,I didn't hear you.」

って言えばOK。

『スピードラーニング英語』第2巻にバッチリ収録されています。

友人もこれを知っていれば「困ったような顔をして、首をかたむける」 なんてしなくてもよかったのに!

※スピードラーニング英語は、私も受講しています。「聞き流すだけで英語が話せる」のCMばかりが目立ちますが、実は聞き流すことは基本で、聞き流し以外のCMでは分からない部分に英語が話せるようになる秘密が隠れています。この部分は、また別の機会に紹介させてもらいます。


関連記事

旅行英語が身に着く教材







posted by 吉原教室 at 12:18 | TrackBack(0) | 英語学習の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする