聞き流しは何のためにやるか

「英語を聞き流すだけで英語が話せるようにならない」

この意見は当然ですが、この「聞き流す」を勘違いしている人がいるのでブログに書いておきます。

「聞き流し」は、意味が分からないまま英語をただ聞いていると思っている人がいます。

これじゃあ、いくら英語を聞いても聞き取れるようにはなりません。

意味が分からないものを聞いても、雑音と同じです。

「聞き流し」は意味が分かるものを聞いてこそ効果があるんですから。

聞き流しは、最初英語が流れたあとで日本語が流れてきます。

ですから、意味が分からずに聞き流しをするということはありません。

これなら辞書がなくても、英語で何を言っているかが分かります。

スポンンサーリンク




●どんな効果か

意味が分からない英語をいくら聞いても英語が理解できるわけがありません。

意味が理解できるから効果が出るんです。

スピードラーニングの聞き流しは、英文の意味を理解しながら、英語の音になれるための練習です。

だいたいこの教材は、英語のプロになろうとする人のための教材ではありません。

学生のときは英語が苦手だったけれど、英語をしゃべれるようになりたいなあ、こう思っている人に向いている教材。

テスト勉強にはならないし、文法の勉強もできません。

でも英語を話すためのきっかけとして、理解できる英語の数を増やす機会を与えてくれます。

付け加えておくと、英語を話せるようになるためには英語を口に出す練習も必要です。

聞き流しのそれを加えると、聞こえてくる英語の量も増えだんだん英語が話せるようになって行きます。

ただ聞いていれば英語を話せるという魔法の力を持った教材は、どこにもないのでそれなりの努力は必要です。

教材は、自分がどんなふうに英語を話せるようになりたいか、それを考えて自分に合った教材を選べばいいだけです。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』








posted by 吉原教室 at 16:40 | Comment(0) | スピードラーニングレビュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードラーニング第1巻の2つ目の話

『スピードラーニング英語』の最初は、ミラーさん一家が、伊藤さんの家の近くに引っ越してきてあいさつに来た話でした。

2つ目の話は、何ともうそれから2から3か月後。

あっというまですね。

ミラーさんの家の朝の場面。

朝食はトーストとコーヒーのようです。

夫婦でその日することについて話しています。

奥さんは、掃除と洗濯、旦那さんは会社でミーティングと報告書の作成。

帰りに、クリーニングを取ってきてなんて頼まれています。

それから、奥さんのアン、伊藤さんの奥さんのお見舞いに病院は行く予定です。

さて、お見舞いに行くって英語でどう言うんでしょう。

ついつい、「お見舞い」って英語でなんて言うんだろう「お見舞い」って単語は何だろうと考えてしまいませんか。

お見舞いなんて単語はいらないみたいです。

アンはこう言っています。

I'm going to visit Mrs.Ito in the hospital.

「病院にいる伊藤さんのところに行く(訪問する)」

これでいいんですね。

英語と日本語、ついつい1対1で対応させてしまう癖がでないように、英語の聞き流しが必要のようです。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』







posted by 吉原教室 at 13:31 | Comment(0) | スピードラーニングレビュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードラーニング・英語第1巻 あいさつ・紹介

『スピードラーニング英語』第1巻の最初は「あいさつ・紹介」から始まります。

ミラーさん一家が伊藤さんの近所に引っ越してきて、伊藤さんの家にあいさつに行くという話です。

私が住んでいる田舎の町では、まああり得ない話でしょう。

1スピードラーニング英語 030.JPG

でも、工業地域なので、海外に支社を持っている工場はたくさんあります。

ですから逆の、実際に海外勤務ならありそうです。


●英語のレベルは

英語のレベルは、中学校で勉強する英語で十分、難しい単語や表現はありません。

ここでもよく言われる、「学校で勉強した英語は実際に使えない」ということが成り立ちそうですが、それは逆も言えます。

スピードラーニングを聞いて、「あっ!!中学校で勉強した英語だけしか出てこない。これなら英語を話せるようになるかもしれない。」

こう考えればいいわけです。

ネガティブな考えは、批判やできない理由を生むことはできますが、創造的ではありませんし、何のメリットも生みません。

だから、物事はポジティブに受け止めたほうが絶対いいです。

「中学の英語で十分だから、自分にもできる!!」👀

ここに目を向ければやる気がわいてきます。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 13:14 | Comment(0) | スピードラーニングレビュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードラーニングのやり直し

スピードラーニングのシリーズは、ジュニア、そして英語、ビジネスと3種類も受講しています。

ビジネスの受講を終えてしばらくたって、改めてこの教材のやり直しをしてみようと思い立ちました。
※スピードラーニング英語は、10巻まで終了でビジネスに変更したので、すべて受講ではありませんが。

スピードラーニングの場合、勉強をやり直すという言い方は当てはまらないんですよね。

これって、勉強しない教材ですから。

P1050888.JPG

広告やラジオ、テレビのCMでは、聞き流すだけで英語が喋れるようになる教材と言っていますが、あのいい方は正確ではありません。
※あくまでも個人の意見ですが。

聞き流すだけで英語が喋れるようになるとしたら、とても時間がかかるでしょう。

実際には、しっかり口に出す練習も必要です。

ただ聞いているだけで、知らないうちに英語が話せるようになるというのはないと思います。

『スピードラーニング・ビジネス』の場合、しっかり英語を話すトレーニングをするためのCDもついていますから。

それに受講していれば、いつどんな練習が必要かということも教えてくれます。

聞き流すだけというのは、最初は聞き流すことから始めていきましょうということと、聞き流すことを基本にして力をつけていきましょうということだと思います。

今は、スピードラーニング英語とスピードラーニングビジネスの聞き流しを並行してやっています。

受講中には気付かなかったんですが、それぞれの特徴の違いが分かって結構面白いです。

例えば、第1巻動詞を比べてみるとこんな具合です。

『スピードラーニング英語』は、話している1文が短くて聞き取りやすい。

これに対して、スピードラーニング・ビジネスは、文が長い。

第1巻だけ比べると、英語のレベル自体の差はそれほどないように感じますが、それでもビジネスのほうが少し難しい。

私は、イングリッシュ・ジャパニーズCDを利用してリピーティング(流れた英語を繰り返して口に出す)の練習をします。

英語が流れたあとの日本語の部分で英語を真似するのですが、スピードラーニング英語では楽にできるこの練習が、ビジネスでは区切れが長いのでこの練習ができません。

ですからビジネスでは、シャドーイングをしています。

私は中学生に英語指導をしているので、学校英語とスピードラーニングに出てくる表現の違いなんかも気になります。

基本的には、相手に自分の言いたいことが伝わればOKだと思っているので、学校英語でも構わないと思うのですが、この違いなんかについても、これからブログに書いていきたいと思います。


10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

『スピードラーニング・ビジネス』







posted by 吉原教室 at 15:53 | Comment(0) | スピードラーニングレビュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビCMや新聞広告だけじゃ分からない

テレビCMや新聞広告等で『スピードラーニング英語』のことを知っている、興味を持っているとい人はいると思いますが、実際にどんな教材なのかは、CMや広告を見ただけじゃ分かりません。

「聞き流すだけで英語がしゃべれる」というキャッチフレーズはあまりにも有名になりました。

でもどんなものを聞き流すのかは、実際に体験せて見ないと・・・

English・JapaneseCDとEnglish onlyCDの2種類があるのですが、その名前の通り、英語が流れた後に日本語が流れるCDをまず聞き流し、英語で何を言っているのかを理解し、その後で英語だけが録音されているCDを聞き流すという流れになります。

英語だけの何を言っているのか分からないものだけを聞いても、英語が話せるようにはなりません。

意味が理解できている英語を聞き流すから、英語が話せるようになっていくのです。


● 聞き流すだけじゃない

でも、ただ聞き流すだけじゃ英語が話せるようになるまで時間がかかりすぎます。

話せるようになるためには、話す練習が必要です。

そのためにフリートークがついているのです。

フリートークというのは、電話で行う英会話の練習のことです。

通信教育で英会話を学ぶ場合、周囲に英語を話す環境があればいいのですが、英を話す機会も環境も無いという人がほとんどではないでしょうか。

実際に英語を話してみないと、自分の実力を知りどのくらい話せるようになったのか実感することは出来ません。

聞いているだけでは物足りない、聞きためた外国語を口に出してみたいけど、話せる場所がないという人のためにあるのがフリートークです。月2回、5分程度の会話が楽しめる無料のプログラムです。

フリーダイアルなので、通話料もかかりません。


● 話す自信がない人は

学習を始めたばかりで話す自信がない人は、相手が言ったことを聞き取りそのまま繰り返すリッスン&リピートという練習があります。

リッスン&リピートの練習もちょっと心配、聞き取れなかったらどうしようと言うちょっと弱気の人には、リッスン&リピートアプリで練習して自信をつけてから本番に挑戦して下さい。

アプリなら、いつでもどこでも、1人で練習できます。隙間時間を利用して、英語を口に出しリスニング力、スピーキング力を鍛えられます。

英語が話せるようになるためには、英語のインプットとアウトプットが必要。

だから聞き流しと、フリートークまたはリッスン&リピートの両方することで英語が話せるようになっていく仕組みなんですね。


スピードラーニング初回無料キャンペーンは、2016年1月1日(金)〜2016年1月31日(日)です。

対象教材

『スピードラーニング英語』
『スピードラーニング中国語』
『スピードラーニング韓国語』
『スピードラーニング フランス語』
『スピードラーニング・ジュニア』
通常9,400円(税別・送料無料) → 4,700円(税別・送料無料)
『スピードラーニング・ビジネス』
通常6,000円(税別・送料無料) → 3,000円(税別・送料無料)




posted by 吉原教室 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードラーニングレビュー集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする