white knight

white knight 白い騎士??

これは、企業買収で経営側に友好的な買収提案をする買い手のことです。

『スピードラーニング・ビジネス』




【ビジネス英語表現の最新記事】
posted by 吉原教室 at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

power lunch

power lunch 力のあるランチ?

ではなくて、仕事の打ち合わせや商談をしながらのランチのことです。

最近は、広く知られてきている言葉ですね。

『スピードラーニング・ビジネス』




posted by 吉原教室 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはナイスなジョーク!!

スピードラーニングを販売している株式会社エスプリラインさん、ナイスなジョークですね〜!!



もちろん、エイプリルフール用の動画ですけどね。




posted by 吉原教室 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリットは「利点」じゃない?

皆さんの中に、英語の「merit」を利点という意味で使っている人はいませんか。

確かに辞書で調べると、「merit」に利点、長所という意味があると載っていますが、この意味で使うことは少ないようです。

じゃあどんな意味で使うのか・・・

能力とか成果の意味で使うほうが多いとか。

例えば、「a merit system for salaries」は能力給のことです。

また、「He got his jpb based on merit.」という文は、「彼は、自分の能力に基づいて仕事を得た。」能力があるから今の仕事を手に入れたという意味になります。

では、日本人が使う長所利点というときにはどんな単語を使えばいいかというと「advantage」または「a good point」です。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』



posted by 吉原教室 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

small pig

英語ができるようになりたいけれど、市販の英語教材では興味を引くものがないという人は、ぜひ英語の絵本を試してみて下さい。

絵本を買いそろえるのは大変ですから、図書館などを利用して絵本の借りてください。

一番おすすめなのは、字が大きくてレベルの幅がある程度あるオックスフォード・リーディング・ツリー

塾ではこれを利用して高校生の英語の苦手意識をなくし、英語の成績を上げたこともあります。

あとは、個別に紹介していくしかないのですが、文法は全て中学1年生レベルのなどもおすすめです。

こちらは、I can read.というシリーズの本ですが、レベル2なら、文法は中学1年・2年生レベルですから、文法を気にせずに読めます。

絵本ですから、知らない単語があっても絵を見れば何を言っているのかわかるので辞書を調べる必要もありません。

大人の英語学習は、楽しみながらできるのが基本ですから絵本を使った学習法は初級者には向いています。


10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』



posted by 吉原教室 at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする