語学留学前にしておきたいこと

私たちは、日常的に英語に接する環境の中で生活していません。

英語が身につきやすいフィリピン留学についての続きです。

だから、留学して毎日英語に接すれば英語力がどんどん身についていくと勘違いしている人もいるのですが、そんなことはありません。

留学先で英語力をしっかり伸ばしたいなら、日本にいる間に留学で英語を伸ばすための準備をしておく必要があります。

少なくとも、中学校の英語の教科書に出てくるレベルの単語は、ほぼ完全に理解しておきましょう。

語学留学前にしておきたいことの続きを読む>>
posted by 吉原教室 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語が身につきやすいというフィリピン留学について

最近、フィリピンに語学留学する人が増えているらしい。

旅行用のブログのほうで、授業料と宿泊代金が無料になる「0円留学」についても書いています。

全て無料留学できる(そんな都合の良い話はないですけれど)わけじゃないけど、フィリピン派の渡航費用と食事代だけで語学旅行できるので魅力があります。

P1020900.JPG

なぜフィリピンへの語学留学が魅力的なのか、ちょっと調べてみたことをここに書いておきたいと思います。

英語が身につきやすいというフィリピン留学について続きを読む>>
posted by 吉原教室 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生の英語練習にはこれを使っています

塾で、中学生や高校生に英語を教えています。

中学生は教科書に沿って文法と単語を教えていますが、高校生については「使える英語」を基本に学校の勉強ではなく、実際に話せたり読めるようになることを基本にしています。

そのためにどう知ればいいかというと、授業の3分の1以上を音読に割いています。

ちょっと普通の塾では信じられないかもしれませんね。

それまでに学んできた文法などの学習を、実際に使えるレベルにまで高めることです。

英語ができないのは、普段英語を使う機会がないから、英語に接する時間が少ないからです。

英語に接する機会を増やせば、英語の持っていく感覚のようなものが分かってきます。

学校の授業は、日本語で英語を説明するのがほとんどでしょう。

これで英語が使えるようになるわけがありません。

最初は何もわからないのですから、英語を日本語で説明してもいいけれど、そこで終わってしまってはダメです。

学んだことを、使えるレベルにまで高めていくことをしなくてはなりません。

そのために本の音読をします。

今使っているのは、


英語で読むからよくわかる チューディ先生のなるほど英語レッスン 似ている単語編 (CD1枚付き)

チャプター別に全部で25の英文があり、CD付きなので、リスニング、シャドーイングの練習もできるいい本です。

英語の単語はある程度知っているけれど、英語が口から出てこないという人はこの本で練習してみるといいと思います。

レベル的には、英検準2級レベルじゃないでしょうか。




posted by 吉原教室 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語の勉強って終わりがなくて楽しい

このブログに投稿しては、しばらく放置。

また投稿してはしばらく放置。

そんなことの繰り返しになっています。

このブログの人、もう英語に関して何もやっていないんじゃないとと思っている人がいてもおかしくはないんですが、英語の勉強(厳密には勉強じゃないんですが)続けています。

いまは、いろんなものを聞いたり読んだりが中心で、話題を増やすこと、使える表現を増やしていくことが中心。

できるだけ音声付きのものを利用しています。

塾で英語を教えているので、当然ですが英語を使えなくてはなりません。

具体的にどんな風に英語を楽しんでいるのか、週に数回の頻度でブログに紹介していきたいと思います。

posted by 吉原教室 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お店で「小銭に両替できません」と言う場合

海外からの観光客が増えています。

お店などでは、両替を頼まれることも出てきます。

でも店でも、小銭がないと困るので「小銭に両替はできませんと」英語でいいたい場合どう言えばいいのでしょう。

続きを読む
posted by 吉原教室 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする